各務原 市民会館・文化ホール

主催イベント

  【市民の劇場】日本文化の伝統と革新〜箏・尺八の響き〜 平成29年1月29日(日)開催


     【市民の劇場】 各務原市民会館ホワイエコンサート ステップアップ公演

                 日本文化の伝統と革新
        〜箏・尺八の響き〜


                 
  ◆開催日時         平成29年1月29日(日) 開場:14時30分 開演:15時00分

  ◆会   場         各務原市文化ホール

  ◆出   演         日原暢子、花岡操聖、平田紀子、田嶋謙一      

  ◆演奏予定曲       水の変態 / 宮城道雄作曲
                  屋島 / 尾藤勾当作曲
                  樹冠 / 長澤勝俊作曲 ほか

  ◆入 場 料        〔自由席〕 1,000円 ※未就学児の入場はご遠慮ください。
     
  ◆入場券発売開始日   10月16日(日) 10時より

  ◆入場券販売所      各務原市民会館              TEL 058-389-1818(月曜休館) 
                   各務原市いきいき楽習課         TEL 058-383-1042(土・日・祝日休み)
                    (産業文化センター6F)
                   東ライフデザインセンター         TEL 058-384-0507(月曜・祝日休館)
                  川島ライフデザインセンター       TEL 0586-89-3686(月曜・祝日休館)
                  マーサ21
                  マーゴ
                   チケットぴあ(Pコード:310−738)  TEL 0570-02-9999
                   サークルK・サンクス・セブンイレブン
                        ※現在は各務原市民会館のみで販売しております。
                   
                       ◆◇◆ 出演者プロフィール ◆◇◆

☆ 日原暢子 (ひはらようこ) : 箏・二十五絃箏・地歌三絃奏者
幼少より三浦維甫に手ほどきを受けた後、岩田柔柯に師事。東京藝術大学邦楽科卒業に際し、アカンサス音楽賞及び同声会賞受賞。宮内庁皇居桃華楽堂にて御前演奏。同大学大学院音楽研究科修士課程修了。桐朋学園芸術短期大学日本音楽専修専攻科及び研究生修了。東京藝術大学邦楽科教育研究助手を経て、文化庁新進芸術家育成事業研修生として研鑽を積む。野坂操壽、深海さとみ、各氏に師事。第18回賢順記念全国箏曲祭コンクールにて銀賞及び福岡県知事賞。愛知芸術文化協会ANET新人賞。岐阜市芸術文化奨励賞。各地でのリサイタルやソロコンサートの他、スーパー歌舞伎やNHKにほんごであそぼ等の録音参加。NHKラジオ「邦楽のひととき」出演。CM出演。芙蓉会、森の会、日本三曲協会会員。4plus、アンサンブル室町に所属。古典の際は藤花維柯として演奏活動を行う。

☆ 花岡操聖 (はなおかそうせい) : 箏・二十五絃箏・地歌三絃奏者
3歳より母、花岡操曙より箏の手ほどきを受ける。8歳より箏・二十絃箏(1991年以降は二十五絃箏)を二代 野坂操壽氏に師事。1998年より一年間、地歌三絃を深海さとみ氏に師事。東京藝術大学邦楽科卒業。在学中、宮城賞受賞。桐朋学園芸術短期大学専攻科修了。同短大、研究生修了。第2回東京・邦楽コンクール、二十五絃箏独奏にて第三位。2010年、第一回リサイタル開催。2012年度文化庁新進芸術家育成事業研修生。桐朋学園芸術短期大学非常勤講師。生田流箏曲松の実會師範。(社)日本三曲協会、生田流協会、森の会、桐の響各会員。

☆ 平田紀子 (ひらたのりこ) : 箏・地歌三絃・十七絃箏・二十絃箏奏者
大阪府出身。深海さとみに師事。東京藝術大学邦楽科卒業。在学中に宮城賞、卒業時にアカンサス音楽賞・同声会賞受賞。宮城道雄記念コンクール、賢順記念全国箏曲祭コンクールなどで第一位受賞。NHK Eテレ「にっぽんの芸能」に独奏で出演。その後、同番組のテーマ音楽、NHKラジオ第一「新日曜名作座」劇中音楽などの録音に携わる。「日本作曲家協議会主催アジア音楽祭」「第10回世界合唱シンポジウム」などで各種箏の独奏を務め、様々な国の作曲家による箏作品を紹介する他、「光山組」でzip!に出演し、テイラー・スウィフト氏に和楽器の演奏を披露、「古代祝祭劇 太陽の記憶―卑弥呼―」にて堤剛氏・中村児太郎氏などと共演。箏と尺八による「邦楽四重奏団」、笙と箏による「Duo Nano」でも作曲家とともにコンサートを創りあげるなど、様々な活動を通して邦楽器の魅力と音楽性を発信することに力を入れている。

☆ 田島謙一 (たじまけんいち) : 尺八奏者
12歳より尺八を始め、父である直簫(じきしょう)流(りゅう)尺八宗家・田嶋(たじま)直士(ただし)に師事。2006年 東京藝術大学邦楽科尺八専攻を卒業。2009年〜2012年 東京芸術大学邦楽科助手。2014年 初めてのリサイタルを開催、第69回文化庁芸術祭新人賞受賞。日本各地、及び海外で古典を中心とした数々の演奏を行う。その他にもジャズ、クラシック、ポップス等様々なジャンルの音楽とコラボレート、東京芸術大学や立正大学などの教育機関及び各種イベントの尺八に関する特別講義、演奏会企画、舞台での音楽監督などの活動のかたわら、尺八の普及のための水道管尺八を用いたワークショップなどの講師をつとめ、尺八の可能性を広げるべく多方面にわたり活発に活動している。 「田嶋謙一オルケストラ」主宰/NPO法人邦楽普及協会理事/「和楽器オーケストラあいおい」会員/「日本三曲協会」会員。

          
主     催    各務原文化コンソーシアム

共     催    各務原市

後     援    各務原市教育委員会、各務原市文化協会

お問い合わせ   各務原市民会館 058-389-1818



  このページのトップへ
前のページへ戻る
ホーム